2015/06/29

【予備試験・基本書】民法③ー家族法

法律基礎科目7科目の主要部分が終わったあとは、実務科目と合わせて、家族法、商法、手形・小切手法の教科書を通読しています。

今日は家族法の教科書をご紹介します。

家族法の教科書

法学教室の連載をまとめたテキスト。
法律の中では比較的身近だが、試験対策としては後回しになりがちな親族・相続法がユーモアを交えながらわかりやすく解説されています。
本の厚みはありますが、読みやすいので読んでいて苦痛になることはありません。

その他の家族法の教科書

受験生の定番テキスト、リーガルクエストシリーズの親族・相続です。
旧版は在庫切れでしばらく買えず、他の教科書を探した結果窪田先生の本にたどり着いたのですが、今年の4月に第3版が出ました。
近年、家族法の分野で重要判例が相次いで出ているのでなるべく新しいもので勉強しておきたいです。

家族法は勉強すべき?

なかなか手の回らない家族法ですが、私は一通り勉強しておくべきだと考えています。

理由は、確実に得点源になるからです。

短答でも1〜2問出題があるし、論文で出題されたこともあります。

難しい問題は出ていないので、簡単に概要だけでも理解しておくと確実に得点できるはずです。

また、財産法の分野でも親族・相続がらみの論点も多く、財産法の理解も深まります。

ただ、可処分時間との兼ね合いもありますが、他の分野と同程度の勉強は必要ないと思います。
概要を理解できれば十分でしょう。

親族・相続はさっぱり・・・という受験生のみなさま、テキストの通読だけでも、ぜひお試し下さい。

▼ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです; )
ブログ村資格ブログ
ブログ村司法試験予備試験
ブログ村司法試験